So-net無料ブログ作成
検索選択

「臨書」ということ [日記]

1.jpg

「臨書」って何?という声をいただいたので・・・。
臨書というのは、歴史に残ってきた中国や日本の書を手本にして真似て書くことで、
文字の姿や筆法、書としての美の有り様を吸収しようとするものです。
これに対して、手本はなく、自分の表現として文字を書くことが創作です。
創作のための基礎トレーニングとして、臨書は大切なものです。(そう考えない人もいるようですが・・・)

というわけで、例えば上の写真のような光景なわけです。
手本にするものは、紙に筆で書かれたものの場合もありますが、
写真のように石碑に刻された文字を写し取ったものの場合もあります。
なので、これは文字の部分が白いのです。

どうでしょう。おわかりいただけたでしょうか。
臨書は、お習字(キレイな字を書こう)ではなく書道(文字で表現しよう)の入り口です。
臨書から、書道を始めてみませんか?

タグ:書道 臨書
nice!(73)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 73

コメント 12

ake_i

臨書。
大切ですね。
私の仕事でも、同じことがあります。
これが出来ないと、巧くならないともおもったり、、、。
by ake_i (2014-12-19 23:21) 

ligia

>ake_iさん
音楽にもそういうことがありますか。
臨書をほとんどしなくても「それっぽい」作品を書くのがうまい人もいます。が、それでは最後まで「それっぽい」で終わってしまうと思うんですよね。
by ligia (2014-12-20 10:06) 

caveruna

臨書しばらくサボってます^^;
by caveruna (2014-12-20 19:08) 

ligia

>caverunaさん
がんばりましょう!^^
by ligia (2014-12-20 20:33) 

nicolas

なるほどこういうことなのですね。
奥が深そうです、臨書。
でもいくつになっても、
何かに向かい臨むという姿勢は大事なのですね。

by nicolas (2014-12-20 21:46) 

ligia

>nicolasさん
はい、深いです。底なしですよ(笑
by ligia (2014-12-20 22:25) 

figaro

はじめまて。
臨書という名前なのですね。
造形美というか、美しい文字ですよね^^
by figaro (2014-12-21 22:12) 

ligia

美しさを感じますか?
実際に書くと、一段とそう感じると思います。
この石碑は中国の漢の時代に建てられたもので、隷書(れいしょ)という字体です。
by ligia (2014-12-22 10:34) 

suzu*

お初です^^
真似っ子さんなウチやけど 毛筆だけは無理かもぉ~
硬筆? 鉛筆とかペンとかはよぅ小学生の頃から
隣の席の子とおんなじ字ぃ書いてましたわ^^
荒々しい芸術的な書体も こないな柔らかな流線型の書体も
どっちもエエ風流がありますな^^
風流ってか 自分好みってぇいうか。。
墨汁の香り もぅ長いこと嗅いでませぬわ。
by suzu* (2014-12-22 13:52) 

ligia

>suzu*さん
おんなじように真似ることから、自分の表現がはじまるのですよ。
お好みのものがありましたでしょうか?
久しぶりに、墨の香の中で字を書いてみるのもいいものですよ^^
by ligia (2014-12-22 20:36) 

ちゅんちゅんちゅん

おはようございます!
宅配の宛名書くときなど
「あ・・・汚い字だなぁ」と落ち込むことしばしば・・・
美しい字は 見ていて背筋が伸びますね(^^)
by ちゅんちゅんちゅん (2014-12-23 08:53) 

ligia

>ちゅんちゅんちゅんさん
宛名と履歴書は、書道が目に見えて役に立つシーンだと思います^^
by ligia (2014-12-23 21:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0